カテゴリー
ショップ紹介

 
格闘技情報サイト「BoutReview(バウトレビュー)」の運営するネットショップです。新宿5丁目の「Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE」でのトークイベント、落語会のチケットも販売しています。
ホーム Live Wire Live Wire [699] 20.6.28(日) 大人の学校 オンライン特別講座第二弾
Live Wire [699] 20.6.28(日) 大人の学校 オンライン特別講座第二弾

Zoom de Live Wire [12]
「大人の学校」オンライン特別講座第二弾!
第9回公開講座「夫のHがイヤだった。――セックスで傷つけない。傷つかない。」
講師・Mio(『夫のHがイヤだった。』著者)
聞き手・三浦ゆえ(編集者&ライター)


先月、5月23日(土)にノンフィクション作家・亀山早苗さんと写真家・水谷充さんをお迎えし、開催したオンライン特別講座「2020年の“濃厚接触”――新型ウイルスは私たちの恋愛とセックスを変える!」。「大人の学校」としては初のオンライン講座でしたが、早くもオンライン講座の第二弾が決定しました。当初、5月10日(日)に「LiveWire HIGH VOLTAGE CAFE」で開催を予定していましたが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大の予防、緊急事態宣言による会場への自粛要請のため、延期していた第9回公開講座「夫のHがイヤだった。――セックスで傷つけない。傷つかない。」をオンライン特別講座として開催することになりました。


ここに一冊の本があります。『夫のHがイヤだった。』(亜紀書房)は結婚当初から夫とのセックスが苦痛で悩んでいた「私」こと、Mioさんがブログに書き綴った実話をもとに再構成した実録エッセイ。アメブロ・メンタルヘルス部門第 1位を獲得した人気ブログ「夫のHが嫌だった」、待望の書籍化です。昨2019年9月に発売され、新聞や雑誌、SNSなどで紹介されるとともに、人気AV男優、一徹や森林原人らが絶賛するなど、大きな話題になりました。

主人公(Mio)は大学時代からの付き合いで結婚した夫のことを心から愛していました。だからこそ、セックスだけがうまくいかない現実を、どう受け止めていいのかわかりませんでした……。その後、長い間、夫の性的な要求に応えられない自分を責め、うつ病や摂食障害を患います。そんな彼女を回復に導いたのはセックス。人を深く傷つけることもあれば、絶望の淵から救うこともできるのが性愛の力だったそうです。主人公の葛藤と回復の物語には性的同意や性交痛、セックスレス、DV、性の不一致による離婚……など、いくつもの今日的な課題が含まれ、特に多くの女性にとって共感できるものがあります。同問題は女性だけが努力すれば解決するというものではありません。パートナーである男性も気づき、学ばなければなりません。その過程で耳が痛いと感じることもあるかもしれませんが、しかし、いま、このことを知り、行動することがあなたの人生を切り拓くことになるでしょう。

著者・Mioさんに、女性の性と生をテーマに編集、執筆活動をし、同書の編集にも携わった三浦ゆえさんが聞きます。お二人の対話は人生において重要なファクターである“セックス”をよりよいものとするヒントになり、充実したセックスライフへの一歩を踏み出す勇気と自信を与えるものになるでしょう。男女、世代、セクシャリティを問わず、必見、必聴です。いまからでも遅くはありません。反省の上での変化を恐れてはいけません。

勿論、“アフターコロナ”、“ウィズ・コロナ”の時代を見据え、いまという時代に相応しい講座としてアップデートしています。ご期待ください。



■講師プロフィール

Mio

Mio
 大阪府生まれ。大学で知り合った同級生の男性と22歳で結婚。夫との夫婦生活が苦痛で、自分はセックスができない身体なのではないかと悩み、摂食障害とうつ病に。その後セックスレスを理由に夫から離婚調停を申し立てられ、別居を経て離婚。2017年の冬からアメブロに当時を振り返る手記を連載し、大きな話題を集める。昨2019年、同ブログを実録エッセイ『夫のHがイヤだった。』(亜紀書房)として上梓。現在は税理士・行政書士:カウンセラー・ファイナンシャルプランナーとして、離婚時の公正証書の作成・カウンセリング・離婚後の生活設計等、メンタルは勿論、法律・金銭・セックスレス等の問題を扱える男女問題のスペシャリストとして活動している。
Mio 公式ブログ「夫のHが嫌だった」

■聞き手プロフィール

三浦ゆえ

三浦ゆえ
 編集者&ライター。富山県出身。お茶の水女子大学卒業後、複数の出版社に勤務し、2009年にフリーに転身。宋美玄著『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズを始め、『小児性愛という病〜それは、愛ではない』(ブックマン社)、『セックス難民』(小学館)、『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)などの編集協力を担当。女性の性と生をテーマに編集、執筆活動をする。著書に『セックスペディア―平成女子性欲事典―』(文藝春秋)。



[日時] 2020年6月28日(日)
 開場・14:00(認証が手作業になりますのでお時間を要します)
 開始・14:30(約1時間30分を予定)

[料金] 1200円(当日申し込み1500円)
 
会議ソフトZoomよるオンライン開催です。参加される方の画像と音声はオフにします。イベント前にアプリのインストールと登録をお願いいたします。

※視聴するにはこのページでの申し込みが必要です。申し込み者にはZoomのミーティングIDとパスワード、入場時の本人確認に必要な整理番号をメールにてご連絡いたします。(当日予約分のメールはイベント直前となる場合がございます。予めご了承下さい。)

※お支払い後のキャンセルは一切受け付けませんのでご注意ください。
 
※銀行振り込み決済の締め切りは6月26日(金)午後3時です。



■主催・大人の学校
■イベントの内容に関するお問い合わせ・ 「大人の学校」幹事会 schoolforadult@yahoo.co.jp



※予約後は schoolforadult@yahoo.co.jp まで、以下のアンケートをお送りください。必須ではなく、未回答でもかまいませんが、講座の参考としますので、ご協力いただけると助かります。

【メールの件名:アンケート】
■お名前(ハンドルネーム可)
■性別
■年齢(未成年でなければ年齢制限はありません。30代、40代…などでもかまいません)
■居住区(都道府県)
■職業(大体でかまいません)
■『夫のHがイヤだった。』はお読みになりましたか?
■セックスの悩みはございますか? ありましたらお教えください。
■パートナーとの問題はございますか? ありましたらお教えください。
■講座、講師のへのご質問&ご意見

お知らせ

☆注文受付後、在庫確認・振込先・発送・イベントの整理番号等をメールでお知らせします。携帯電話会社のメールアドレスを使用の方は必ず shop@boutreview.shop-pro.jp からのメールを受信可能に設定してください。
☆注文がうまく行かない場合、お手数ですが shop@boutreview.shop-pro.jp 宛で注文商品・住所・氏名・電話番号をご連絡ください。
・銀行振込(三菱UFJ銀行)(振込手数料をお支払いいただきます)
・クレジットカード(VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX)(請求書には「LiveWire / Boutreview Onlineshop 」または「mb−s cart」と記載されます)
 商品種別・地域により発送方法・送料が異なります。送料は税込み額です。

(1) イベントの予約: 無料(チケットを送付せず、整理番号をメールでご連絡します)
(2) DVD・ゲームソフト・Tシャツ・書籍: 500円(全国一律)

(離島のお客様、一部例外の大型商品ご注文のお客様には、別途計算額をご連絡いたします)

 商品によっては販売価格の中に送料を含む等、上記と異なる場合もございます。その場合は各商品の販売画面に記載しております。
 ご注文商品によって配送元が異なる場合、追加送料の支払をお願いする場合もございます。