カテゴリー
ショップ紹介

 
格闘技情報サイト「BoutReview(バウトレビュー)」の運営するネットショップです。新宿5丁目の「Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE」でのトークイベント、落語会のチケットも販売しています。
ホーム Live Wire Live Wire [710] 20.8.30(日) 新世代ミステリ作家探訪 vol.3 斜線堂有紀×若林踏(オンライン)※追加受付
Live Wire [710] 20.8.30(日) 新世代ミステリ作家探訪 vol.3 斜線堂有紀×若林踏(オンライン)※追加受付

Zoom de Live Wire [23]
新世代ミステリ作家探訪vol.3
ライトミステリー×特殊設定のトポロジー/斜線堂有紀の万華鏡に映るもの


2016年に『キネマ探偵カレイドミステリー』でデビューした斜線堂有紀は、メディアワークス文庫や講談社タイガ文庫など、これまで若年層向けの文庫レーベルを中心に活躍してきたミステリ作家です。
これらのレーベルで刊行されるミステリは、ときに<ライトミステリー>という呼称で紹介されています。しかし斜線堂作品の場合、<ライトミステリー>というラベルでは括るのことのできない、ある種の過剰性を持っています。
例えば『詐欺師は天使の顔をして』(講談社タイガ文庫)では、超能力者しかいない街を舞台にした、捻りに捻った特殊設定ミステリに挑んでいます。一方で『死体埋め部の悔恨と青春』(ポルタ文庫)ではアンモラルな活動に勤しむ若者2人の奇妙な関係性を描くなど、“クライムフィクション”という呼び名が相応しい作品も多数書いています。
そして著者初の単行本『楽園とは探偵の不在なり』(早川書房、8月20日発売)は、「二人以上殺した人間が例外無く地獄に堕とされるようになった世界」における“館もの”にして“孤島もの”という、真正面の本格謎解きミステリです。
凝りに凝った特殊設定へのこだわりや、モラルのない領域で育まれる人間関係への興味。<ライトミステリー>の枠を超え、謎解きと犯罪小説の本道を行く作品を生み出す斜線堂有紀に、ミステリ作家としての戦略と今後の展望を伺います。


[出演] 斜線堂有紀若林踏

[日時] 2020年8月30日(日) 開始・17:15 (約2時間を予定。当初の予定より15分遅い開始となります)

[料金] 1500円 (当日2000円。14:00まで受付)
 
会議ソフトZoomによるオンライン開催です。参加される方の画像と音声はオフにします。イベント前にアプリのインストールと登録をお願いいたします。

※視聴するにはこのページでの申し込みが必要です。申し込み者にはZoomのミーティングIDとパスワード、入場時の本人確認に必要な整理番号をメールにてご連絡いたします。

認証が手作業になりますので、整理番号ごとに指定した時間帯の入場をお願いします。最短でも開始時間の45分前まで(16:15〜16:30)、最長で開始時間の2時間30分前まで(14:30〜14:45)に入場をお願いしますので、あらかじめご了承下さい。詳しくはメールにてご連絡いたします。

※お支払い後のキャンセルは一切受け付けませんのでご注意ください。
 
※クレジットカード決済のみの受付となります。
 


Live Wireの最新情報をTwitterで発信しています。 @golivewirecom

お知らせ

☆注文受付後、在庫確認・振込先・発送・イベントの整理番号等をメールでお知らせします。携帯電話会社のメールアドレスを使用の方は必ず shop@boutreview.shop-pro.jp からのメールを受信可能に設定してください。
☆注文がうまく行かない場合、お手数ですが shop@boutreview.shop-pro.jp 宛で注文商品・住所・氏名・電話番号をご連絡ください。
・銀行振込(三菱UFJ銀行)(振込手数料をお支払いいただきます)
・クレジットカード(VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX)(請求書には「LiveWire / Boutreview Onlineshop 」または「mb−s cart」と記載されます)
 商品種別・地域により発送方法・送料が異なります。送料は税込み額です。

(1) イベントの予約: 無料(チケットを送付せず、整理番号をメールでご連絡します)
(2) DVD・ゲームソフト・Tシャツ・書籍: 500円(全国一律)

(離島のお客様、一部例外の大型商品ご注文のお客様には、別途計算額をご連絡いたします)

 商品によっては販売価格の中に送料を含む等、上記と異なる場合もございます。その場合は各商品の販売画面に記載しております。
 ご注文商品によって配送元が異なる場合、追加送料の支払をお願いする場合もございます。